HOME > キャンパスライフ > キャンパスブログ > ㈱もりもと とのコラボレーション!食物栄養科2年生の有志によるオリジナルパンの開発


キャンパスブログ


2014/07/31

キャンパスブログ

㈱もりもと とのコラボレーション!食物栄養科2年生の有志によるオリジナルパンの開発

2014年7月26日(土)本学を会場に、㈱もりもと様とのオリジナルパンの開発打ち合わせ会が行われました。これは、札幌エスタでこの秋行われる「大収穫市」の企画として、㈱もりもと様と本学食物栄養科の学生による、余市町のリンゴとプルーンを使用したパンの開発です。

本学お弁当開発サークルのメンバーがチームを組み、オリジナルパンのイメージを膨らませた資料を作成しプレゼンテーションに臨みました。プレゼンテーションでは、リンゴやプルーンを使用した女子短大生らしいオリジナルパンの数々が発表され、学生は緊張しながらも、自ら考案したパンのタイトルや特徴などをアピールしていました。

プレゼンテーション終了後は、札幌エスタ様と㈱もりもと様により検討が行われ、プルーンとアーモンドを使用した「余市町プルモンド」、リンゴのコンポートとカスタードクリームをデニッシュ生地で包んだ「白雪姫~王子様のフレンチKISS~」の2つが選ばれました。㈱もりもと様から、「パンを製造する上で、現実的に製造が可能と思われるパンを選びました。」「今回2つを選びましたが、そのほかにも今後商品として考えたいオリジナルパンもありました。」などのお話があり、学生にとってよい学びの場となりました。

CIMG2272.JPG CIMG2327.JPG

このページのトップへ