HOME > キャンパスライフ > キャンパスブログ > 【食2】小児・福祉調理実習


キャンパスブログ


2016/05/26

キャンパスブログ

【食2】小児・福祉調理実習

食物栄養科2年生の 「小児・福祉調理実習 」では小児の発達期に応じた食事摂取のあり方や、食物アレルギーについて学びます


また、高齢者やハンディキャップを持つ方に対する食事形態や食事介助方法を理解していきます


2年生になると調理の基礎を様々なことに応用していくんですね

DSC_0008.JPG

実際に自分たちで調理作業のペース配分や役割などを考えながら進めていくことで、栄養に関する知識だけではなく、調理技術の向上になります

DSC_0018.JPG DSC_0026.JPG


この日は "やさい" を使った幼児期のおやつ作り

子どもが食べやすいように、うらごし器やすり鉢を使用して食材を細かくしたり、やわらかくしたりしています

小児調理G.JPG


ちょっとした調理のコツや感想も丁寧に教えてくれます

小児調理D.JPG


< ほうれん草のマドレーヌ、にんじんゼリー、スイートポテト、かぼちゃまんじゅう >

にんじんゼリーはゼラチンではなく、寒天を用いて作ります

小児調理F.JPG

おやつを4品作るので、連携しないと調理に時間がかかってしまいます


1番早くできた班に話を聞くと、ひとりひとりその日の内容を理解し、情報共有することがポイントとのことでした



さすがは2年生、基礎ができているのでスムーズに作業しています

時間内に且つ安全に、何品も美味しく作る秘訣はチームワークがカギになるようですね


翌週には乳児期のお弁当を作りました(^^)

小児調理②A.JPG 小児調理②C.JPG

お弁当にいれる "ソーセージ" も無添加のものを手作りしてるんですね


小児調理②B.JPG

本学では炊飯器を使用せず、鍋でご飯を焚きます

とても良い香りがします☆

お弁当.jpg

"自宅でも作ってみたい" "先生が親身に調理技術も教えてくれるので安心です"との声も聞けました


このページのトップへ