HOME > 保育科 > 授業概要


授業概要

基礎科目

文章表現

・文章を的確に書き、表現する能力は、社会で生きていくために必須のものである。その能力は、保育・教育実習で日誌・記録などの文書を作成するときだけではなく、就職試験等でしばしば課される作文・小論文や、企画書、報告書など事務的な連絡用の文書を作成するさいにも必要となる。本講義は、常用漢字の書き取りから始まり、作文・小論文などの文章の書き方の基礎を学び、様々な文章を書く能力を身に付けることを目的とする。
・社会人になったとき、伝えたい情報、知識、自分の思いなどを正確に他者に伝えなければならない場面が、どんどん増えてくる。この時、敬語表現を含め、ただのおしゃべりを超えた心構え、準備、技術が求められる。他者にわかりやすい文章の読み方、自己紹介による自己表現、これらのトレーニングを通して、よりよく「伝える」を考える。

このページのトップへ


心理学の世界

現代の心理学は人間の心と行動を理解しようとして、西欧で発達し展開されてきた学問分野です。本講義は15回の授業を通して心理学の視点と方法および幾つかの重要な概念について学習する予定です。現代社会に生きる為の自己理解と他者理解の参考になると考えます。

このページのトップへ


くらしと憲法

憲法とは国家権力の濫用を抑制し、国民の権利・自由を守る国家の基本法である。
日本国憲法では自由権・平等権等の人権規定を定めて、国民に当然保障されるべき権利・自由を高らかに宣言するとともに、それを脅かす国家権力の濫用が行われないような統治機構の仕組みについて規定している。
本講義では、主に国民に保障されている自由権・平等権・社会権等の人権規定につき概説する。その際、実際に憲法違反を争って裁判となった事例・憲法が日常生活に関係する事例等を挙げて、その問題点を学生自身が探求することで、憲法の理念とその重要性につき理解を深めることを目標とする。
また、毎回の講義の後半では、日常のくらしと関係する比較的身近な法律問題(破産、離婚、DV、セクハラ、ストーカー、裁判員制度等)についても解説を行い、基礎的な法律知識の修得を目指す。

このページのトップへ


文字とことば

保育者は保護者と、幼児の園での生活の様子や連絡事項を、各種便りや連絡帳等を使い、文章によってコミュニケーションをとることが多くある。また、送り迎えの時や電話で、短時間で話をしなければならないことも多くある。しかし、友人とのコミュニケーションでの省略表現や流行語の多用、改まって文章を書く機会や話をする機会が乏しい、表現が拙い、語彙が乏しい、誤字・脱字、乱暴な文字や言葉等によって、的確でわかりやすい文章作成や会話ができないという問題が見られる。本授業では、幼児教育の現場や様々なコミュニケーションの場で、簡潔で適切な表現ができることを目標に、新聞等を活用し、必要な内容を的確に伝える文章を作成する授業を行う。

このページのトップへ


国際文化

国際文化とは、世界の国々に目を向け、その国の歴史、自然、経済、教育等について学びながら、各国の現在の状況を把握し、それを根底として成り立つ文化を理解することである。
本講義では、ビデオやスライド、外国人講師による授業も含めながら、各国の文化を肌で感じられる講義を通して理解を深める。 なお、これらの国々の現状から文化について講義に入る時、授業展開を紹介する。

このページのトップへ


セラピー

セラピーとは人が言語的に、あるいは非言語的になにかを表現することで自らのこころや身体を癒していく活動である。同時に人と人との間に築かれる信頼関係を基に、互いに表現し、表現を受け取るという相互交流の視点も重要である。その表現方法は多岐にわたるが、なかでも本講座では園芸をはじめ、さまざまなセラピーについて学んでいく。各セラピーの理論的背景の学びと実践を通し、自分自身の心を見つめなおすことで癒しに通ずる体験を目標とする。加えて将来、現場において他者の個性を理解し、人とかかわることに活かされる内容とする。
■さまざまなセラピー
1.さまざまなセラピーについて基本的概念や手法を理解する
2.自らの体験を通して、保育の現場に活かせるセラピーを学ぶ
■園芸療法
1.園芸療法の基礎的概念を理解する
2.園芸療法で用いる手法を理解する
3.園芸療法の保育現場における活用を理解する

このページのトップへ


手話

外見では分かりにくい聴覚障がいについての理解を深めながら、実際に聴覚障がい者と接した時に、積極的にコミュニケーションできる力を養う。
聴覚障がい者のコミュニケーション手段の一つである手話という言語を基礎から学び、初歩的な会話ができるように指導する。また、聴覚障がい者が社会生活を送るうえでの様々なバリアについても考え、理解を深める。
授業は実技と講義ですすめる。

このページのトップへ


ボランティア活動

ボランティア活動には、単に他者を助けるといった奉仕的な面だけではなく、自己を向上させる大きな意義がある。
1)自己実現:活動を通して役に立つ存在として認められ、自分の生き方や社会的存在の意味を見いだす。
2)社会的存在の確認:社会生活を営む上で必要なルールを実体験し、社会の一員としての自覚を持つ。
3)主体性と創造性の涵養:自らの意欲と選択によって参加し、主体的に問題を発見し、創造的に取り組む能力を育む。
4)社会問題に対する意識の向上と国際人への成長:社会福祉はもとより、環境問題や国際協力など多岐にわたる活動へ参加することにより、社会の一員としての問題意義を養い、あわせて国際的な視野を育む。
ボランティア活動の意義を理解した上で、担当教員から助言を受けつつ、自主的に活動する。

このページのトップへ


情報処理

本講座では、パソコンの基礎知識やビジネス文書の作成、また発表の場でも使えるプレゼンテーションソフトの基本的な操作を修得する事を目標とし、保育の現場でも活用出来るような実践力を身につける事を目指す。

このページのトップへ


芸術鑑賞・教養講座 I

1年生を対象に開催される。平常授業の時間割には組み込まれない。
学外での芸術鑑賞や本学キャンパスで行われる特別講義、講演などである。
これらを通して、豊かな教養を身につけていくことを目的としている。

このページのトップへ


芸術鑑賞・教養講座 II

2年生を対象に開催される。平常授業の時間割には組み込まれない。
学外での芸術鑑賞や本学キャンパスで行われる特別講義、講演などである。
これらを通して、豊かな教養を身につけていくことを目的としている。

このページのトップへ


英語 I

・Simple conversation and communication skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment using everyday practical situations. Grading will based on participation, attendance, and examination.
・All four language skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment resembling, as close as realistically possible, an English speaking environment. Brief introduction of grammar structures and vocabulary will be immediately followed by their practical application, taking form of guided and prepared conversations. English I will also include cultural content drawn from countries where English is an official language. Grading will be based on participation, attendance and examination.

このページのトップへ


フランス語 I

フランス語で日常生活の中でコミュニケーションを取るための基本を学びましょう。

このページのトップへ


英語 II

Simple conversation and communication skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment using everyday practical situations. Grading will be based on participation, attendance, group presentation, and examination.

このページのトップへ


フランス語 II

フランス語で日常生活の中でコミュニケーションを取るための基本を学びましょう。

このページのトップへ


英語 III

Simple conversation and communication skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment using everyday practical situations. Grading will be based on participation, attendance, group presentation, and examination.

このページのトップへ


体育理論

心身共に健康であるための基本的な知識の理解を深めるとともに、自らの健康も管理できるようになることを目的とする。健康志向ブームでいろいろな情報が氾濫している昨今、飲酒・喫煙・ダイエットなど身近なテーマをもとに生理学的理解を深め、正しい知識をもって見極められるように学修する。

このページのトップへ


体育実技

心身共に健康であるためには、運動やスポーツを主体的に行うことが必要不可欠の要件であることから各種の運動種目を通じて、自らが体を動かす楽しさを味わい、生涯に渡って運動の習慣を身につけることを目的とする。
また自己の体力を向上させることに効果的なトレーニングやストレッチなどをウォーミングアップに取り入れ、バドミントンやバレーボールなどの球技種目ではペアやチームを作り、ゲーム形式で実践する。

このページのトップへ


キャリア教育

本演習では、社会人に必要な基礎力である「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」を身につけ、個々の資質を磨くことを目的とする。また「職業キャリア」にとどまらず生活者としての「ライフキャリア」を含め、人生の節目や転機に応じて柔軟に、他者・社会との関わりのなかで、自分の人生を主体的に創造していける力を身につけ、「人間力」や「生きる力」の育成をめざす。

このページのトップへ


専門科目

保育原理

「保育原理」は保育者を目指す学生、特に保育所において子どもの保育に携わる上で必要な保育の意義と基本を学ぶ科目である。専門職である保育士資格取得のための学習は中核的な内容であり他の教科目と全て繋がっている。

このページのトップへ


教育原理

1.教育の基本原理および意義について理解する。
2.人間社会において、教育がなぜ必要とされるのかを理解する。
3.人間の発達・成長における教育の重要性を理解する。
4.教育目的・場面に応じた多様な教育方法を理解し、実践に生かせるようにする。
5.教育の歴史的変遷を知り、教育が社会的状況とのかかわりのなかで、絶えず変容するものであることを理解する。

このページのトップへ


児童家庭福祉

少子高齢社会の現代、子どものウェルビーイングに関わる専門職には、保育士はもちろん幼稚園教諭にも、専門的なケアワークやソーシャルワークの力が求められている。その場合子どもの支援だけではなく、保護者や子育て家庭へのサポートも使命となっている。つまり質の高い保育サービスの提供と保護者を支え、ともに子育てを進める高い専門性が要求されてきているのである。児童福祉から児童家庭福祉への展開とともに幅広く、そして深くなった内容や意義を理解することをねらいとする。

このページのトップへ


社会福祉

序盤で欧米やわが国の社会福祉の変遷と社会的、思想的背景を学習し、さらに現在のわが国の社会福祉制度の現状を概観する。主に、公的扶助、障がい福祉施策を中心に講義を行う。
3回目以降は、高齢者福祉、障がい者福祉、児童福祉について講義を行い、特に障がい、児童福祉については適宜事例を挙げて授業を進めたい。また、児童福祉、高齢者福祉を関連させながら少子高齢化社会についても考察する。
後半は、支援を必要とする人達の権利擁護、人権意識の現状や社会福祉援助技術の基礎を学ぶと同時に、ノーマライゼーション理念に基づく現代の社会福祉の理念や、対人援助者のあり方についても学ぶ。

このページのトップへ


相談援助

社会福祉と言えば、何か地味で難しいテーマな感じを受け、受講意欲が湧かない学生がいるかと思いますが、社会福祉の基本は、みんなの幸福を追求する事であります。
本講義は、児童のこと、高齢者のこと、障がいのある人達のことなど、なるべくやさしく、わかりやすく、問題点などを解説し、対象となる方達に対する支援のあり方、その技術を少しでも知り得るよう視聴覚教材を使い、また、当事者をゲストに招きながらの交流など、実際の学習を深める事が出来るように行いたいと思います。
教室内での学生との質問などのキャッチボールを積極的に行い、楽しい授業展開にしたいと思います。

このページのトップへ


社会的養護

社会的養護を必要とする児童を取り巻く問題は、現代の社会経済状況ともあいまって深刻化、複雑化している。児童養護の現場における子ども一人ひとりの生活を支え、発達を援助するために実践者に必要な理念や意義、方法を学び、また社会的養護の課題や多様な問題背景を理解する。

このページのトップへ


保育者論

「保育」は子どものより良い発達を目指して行なうものです。子どもに直接的に関わる保育士の影響はきわめて大きい事から、2001年度より保育者養成科目に保育者論が位置づけられその重要性が強調されています。保育者は子どもと共に活動し生活する中で、一人ひとりがその時期にふさわしい体験と学びを通し、心と身体の健やかな成長が図られるよう援助する事が求められています。

このページのトップへ


心理学 I

1.生涯発達の観点から発達のプロセスや初期経験の重要性について理解し、人間の成長・発達を学ぶ。
2.子どもの発達や保育実践にかかわる心理学の知識を習得し、子どもへの理解を深める。
3.子どもが人との相互的かかわりを通して発達していくことを具体的に理解する。
4.子どもの発達・成長にとって必要な支援や教育の役割について学ぶ。

このページのトップへ


心理学 II

1.より効果的な保育実践を展開するために、生活と遊びを通して学ぶ子どもの経験や学習の過程を理解する。
2.子ども一人ひとりの心身の発達に応じた発達援助や教育的対応について理解する。
3.子育て支援の一環として保育における教育的効果や、心身の発達に関する相談に対応できる力を身につける。

このページのトップへ


子どもの保健 I

保育者にとって、子どもの健康と安全の確保は最優先課題である。本科目では、保育現場において、子ども一人ひとりの心身の状態や発達の過程を踏まえて行う保健的対応および集団全体の健康と安全について考える。
1.子どもの心身の健康増進を図る保健活動の意義を理解する。
2.子どもの身体発育や生理機能および運動機能ならびに精神機能の発達と保健について理解する。
3.子どもの疾病とその予防法および適切な対応について理解する。
4.子どもの精神保健とその課題等について理解する。
5.保育における環境および衛生管理ならびに安全管理について理解する。
6.施設等における子どもの心身の健康および安全の実施体制について理解する。

このページのトップへ


子どもの保健 II

1.子どもの健康および安全に係る保健活動の計画および評価について学ぶ。
2.子どもの健康増進および心身の発達・発育を促す保健活動や環境を考える。
3.子どもの疾病とその予防および適切な対応について具体的に学ぶ。
4.救急時の対応や事故防止、安全管理について具体的に学ぶ。
5.現代社会における心の健康問題や地域保健活動等について理解する。

このページのトップへ


子どもの食と栄養

子どもの栄養と食生活は、生涯にわたる健康と生活の基盤であり、小児期の食生活がその後の心と体の健康に大きな影響を及ぼす。この時期の発育・発達は著しく、各段階に応じた健全な成長、発達を促すために必要な事柄を栄養と食生活の面から学ぶとともに、現代における子どもを取り巻く問題点を把握し施設での対応、子どもと保育者への支援方法について学ぶ。食育の計画、実践のため、調理の基礎を学び、小児用の調理器具の扱いや指導方法についても学ぶ。

このページのトップへ


家庭支援論

「保育指導」という役割を担うため、子どもの背景にある家族関係の変遷や状況、必要とされている支援、そのための基本的技術、地域の社会資源の知識と連携の重要性について考えます。
1.「家族」と「家庭支援」を理解する
2.家庭支援の現状把握と必要な視点を理解する
3.日常的家庭支援(子育て支援)のあり方と実際を理解する
4.家庭支援の評価と留意について理解する
5.家庭支援の基本的姿勢について理解する

このページのトップへ


保育・教育課程論

保育の場としての幼稚園や保育所は、子どもに適切な環境を用意して、心身ともに健全な発達を促し、保障する役割を担っている。そこでは、子ども一人ひとりの年齢や発達段階にふさわしい活動を用意し、子ども自らが主体的に活動し、人とかかわることができる環境の構成が求められる。しかし、子ども自らの主体的な活動といっても、それぞれの興味や関心に基づき気の向くままに活動するのではなく、保育者の方向性や考え方に沿った活動に子どもを導いていくことが重要である。そこで、内容を時系列に沿って配列した指導の全体計画が必要になる。ここでは、保育所保育指針や幼稚園教育要領のねらいや内容を活動として計画的・意図的に準備する具体としての指導計画案の作成を通して、保育者としての姿勢や心構えを身に付けていくことをめざしている。

このページのトップへ


保育内容総論

1.保育内容の考え方についての基本を理解する。
2.保育内容の歴史的変遷を知り、社会の変化と保育内容はどのようにかかわってきたのか、また、過去の保育内容と現在のそれがどのように関係しているのかについて理解する。
3.各領域ごとの指導・援助を事例ごとに学び、配慮・留意すべき点について理解し、総合的な指導・援助に活かす。
4.乳幼児の発達・遊び・生活と保育内容のかかわりについて理解し、保育計画・指導計画の編成に活かす。

このページのトップへ


健康(指導法)

乳幼児期における健康な生活習慣の確立は、児童期、青年期へと成長発達していくための基礎がつくられる大切な時期である。
子どもたちが自ら健康で安全な生活をつくりだす力を養い、身につけていくようにするために、保育者としてどのようなかかわりができるかを考察し、実践的な知識と技術の基礎を修得することをねらいとする。さらに、保育者として幼児の基本的生活習慣形成の健康モデルであるよう学生自らが、より健康的な生活習慣や態度を形成し、健康への関心を深めていくよう動機づけたい。

このページのトップへ


人間関係(指導法)

現代社会において「人間関係」の希薄さが指摘されている。幼稚園や保育所は子どもが安心して生活できる場でなければならない。また、子どもが身近な「もの」「人」「こと」と出会い、関わり合いながら学び、成長・発達していく場である。
ここでは、「幼稚園教育要領」、「保育所保育指針」に示されている「人間関係」の内容を吟味しながら、幼稚園や保育所が、子どもにとって居心地のよい場所と感じられるための要素を探っていく。さらに、実際の場面を想定しながら、子どもとともに生活する保育者のあり方や保育者としての資質に気づき、それを高める機会となることを目指している。

このページのトップへ


環境(指導法)

幼児は、環境へのかかわりを通して、知性と感性を豊かに成長させていく。保育者は、幼児がどのように環境と出会い、どのようにかかわり、そこから自分自身の中に何を取り込み得ていくのかを常に考え、共感しながら育んでいくことが大切である。よき保育者は、自然環境の四季の変化や素晴らしさ、子ども一人一人の特質的なよさや成長変化を見取る敏感な目や耳と心のアンテナを持っている。そのためには、保育者自身が、環境に関する知識と技能、感性を豊かにする必要がある。そうしたことを念頭に置き、この授業では、環境を構成する方法や技能、環境を構成する事象を理解するために必要な自然科学の基礎を身につけることを目標とする。

このページのトップへ


言葉(指導法)

「ことば」は人類が後天的に手に入れた手段である。生まれてからたえず人の語りかけがあって、はじめて人は「ことば」を取得していく。そのために生まれてから数年間の言語環境が特に重要である。子どもがことばを獲得していく過程を知り、またどのような言語環境を心がけるか、文化財の活用を含めて、それぞれの時期の子どものことばの育ちを理解することを目標とする。

このページのトップへ


表現(指導法)

幼児は身振りや言語で、遊びと一体化した描写・造形遊びや音楽を通して様々な形で人間になっていく。この授業では、幼児期のすばやい変化の過程に、相互行為を通していかにかかわっていくか、また、幼児とかかわる自分をどのように表現していくのかを考える。
やりたい気持ちとできることのギャップが激しい幼児期の子どもに対し、様々な角度から多彩な題材を基に、子どもの興味のありどころをリサーチし、子どもと協働することの重要さを学ぶ。

このページのトップへ


乳児保育

乳児期の発達の特性や発達過程を理解し、発達および生活の連続性に配慮する保育の実践を考えます。
1.乳児保育の概念、および社会、家庭環境の変化と乳児保育ニーズの高まりについて理解する
2.乳児期の発達特徴と適切な援助について理解する
3.乳児保育の計画作成の実際と記録、評価について理解する
4.地域における子育て支援の重要性について理解する

このページのトップへ


障がい児保育

最近では、障がいを持つ子どもが地域の保育所や幼稚園に通うことは特別なことではなくなり、多くの児童福祉施設においても発達障害を持つ子どもが増えていると言われている。このような現場に入る者にとって、障がい児支援の専門性は必要不可欠となっている。
本講義では、様々な障害の特性、支援方法を学ぶとともに、保護者支援、地域・関係機関との連携について理解を深めていく。保育全般とも共通する、一人ひとりの子どもの持つ力を引き出す眼差しについて演習を通して考える。

このページのトップへ


社会的養護内容

社会的養護の現場で保育士や社会福祉士等、専門職が子どもの自立に向けて日々どう生活を支え、成長・発達を保障するため活動するのか、具体的な試みを参考にしながら検討し演習も交え理解を深める。

このページのトップへ


保育相談支援

1.保育相談支援の意義と原則について理解する。
2.保護者支援の基本を理解する。
3.保育相談支援の実際を学び、内容や方法を理解する。
4. 保育所等児童福祉施設における子ども、保護者支援の実際を学ぶ。

このページのトップへ


音楽 I

保育者(幼稚園教諭・保育士)として必要なピアノ奏法の修得を目的とする科目である。
少人数グループで構成され、基本的には個々人のグレードに応じた個人レッスンの形態で進められる。
ピアノという楽器の持つさまざまな機能や、指・腕・姿勢など演奏に必要な身体の動き、さらには運指や暗譜などを実践しながら学ぶ。また、基本的な楽典の知識にも触れながら、音楽のすばらしさと技能・技術の重要さを認識することも主眼としている。
前期の授業内容は、バイエル、ブルグミュラー25の練習曲、ソナチネなどの教本を中心に個々の進度に合わせたレッスンを行う。前期実技試験以降は、教本と併用して子どものうたの弾き歌いを学ぶ。
到達目標は、ブルグミュラー25の練習曲以上のレベルと教本の弾き歌い曲の暗譜による演奏である。ピアノの習熟度は就職など進路に大きな影響を及ぼすこともあり、初心者では毎日1時間の練習が望ましいが、それ以外の学生も日々の練習を積み重ねた上で授業に臨んでほしい。

このページのトップへ


音楽 II

保育者(幼稚園教諭・保育士)として必要なピアノ奏法・弾き歌い・伴奏付けなど音楽 I をベースにして、継続性を保ちさらなるステップアップを目指した科目である。そのため、以下のことを身につけさせることを目的とする。
・個々人のグレードに対応しながら
 1) ピアノ演奏のステップアップ
 2) 弾き歌いレパートリーの拡大
・より専門的な音楽理論の獲得と実践力
 1) 和声の基本についての理解と実践力
 2) 伴奏付けや簡単なアレンジの基本と実践
幼稚園や保育園など実践現場での活用を視野に入れ、実践力の養成と獲得を目的としている。それは必然的に、保育実習、教育実習に連なるものであり、就職の採用試験において大きな力になるものである。
小グループで編成され、個々人のグレードに応じた個人レッスンの形態は音楽 I と同様である。

このページのトップへ


身体表現

子どもたちに身体表現の楽しさを伝えるためには、自分自身がその楽しさを体感している事が必要である。このことから思いっきりからだを動かすことを通して、表現する楽しさを味わいながら自身の感性を高める。また幼児の豊かな身体表現には、保育者の態度や声かけなどによって大きく影響される。子どもが身体表現を楽しめるようにするための声かけや楽しい場の構成を考え、子どもが豊かに表現できるようにする保育者としてのセンスを養う。

このページのトップへ


幼児造形 I

保育のための美術は、子どもたちが本来持っている「作りたい気持ち」をいかに導き、豊かな表現につなげていくかが重要な課題となる。幼児造形Ⅰでは、「あそび」を通じた身体活動から始まる幼児の美術の過程を理解しながら、作って遊ぶ為の基礎的知識を学び、子どもへの制作の援助を考える。素材を切る、貼る、着色するなどの基本的な加工技術を習得し、子どもの興味を考えた制作アイデアを考察する。保育者として子どもの制作意欲や楽しさを高めるためにできる導入、援助、声掛けなどの実践力を重視した内容である。

このページのトップへ


幼児造形 II

幼児造形Ⅱでは、園内外、教室内の造形環境について理解を深め、造形が子どもに果たす役割の重要性を感じ、その可能性について考える。本科目では、グループで共同制作する中で、学生同士の意見交換の中から、面白味や興味を持ち、子どもと作る、明るく楽しい環境づくりを意識して行う力を養う。また、プロとしてのパフォーマンスを身に付け、造形展、フェスティバルなどに見られる、園行事としての造形スペースの展示方法を知り、具体的にイメージし、適切な素材で制作し、遊びを援助することを目標としている。

このページのトップへ


保育実習指導 I

保育実習は、保育士資格の取得を目指す学生が、保育者としての基本的な知識・技術を習得し、保育者としての能力を高めていくための重要な機会です。保育実習指導には、学生(実習生)が保育実習を充実したものにできるようガイドするという目的があります。保育実習指導Ⅰでは、実習前には、保育所の社会的機能・保育者の役割・保育という営み・日誌の作成などの基本的事項や保育実習に向かう実習生の心構えなどについて理解を深め(事前指導)ます。実習後には、実習の徹底的な振り返り・省察・実習の課題を持ち、次の学習に取り組む方向を見出し(事後指導)ます。保育実習の事前・事後指導を通して、保育所の総合的な理解・子ども理解・保育者としての基礎力を高めていくことが目的です。

このページのトップへ


保育実習 I ・ II ・ III

保育実習 I・保育実習 II・保育実習 III は、保育士資格の取得をめざす者にとっては、学内で学んだことを実践の場で理解し体得していくための、相互に関連性を有する重要な科目である。
多くの先輩が、この学外実習に期待を抱きそれぞれの実習先に赴き、終了時には専門職としての心構えと技能を持ち帰ってきた。
保育士資格の取得のためには、「保育実習 I 」(4単位)は必ず履修する必要があり、さらに「保育実習 II 」(2単位)と「保育実習 III 」(2単位)の中から少なくとも1科目(2単位)以上を履修しなければならない。
「保育実習 II 」は保育所における2週間の学外実習であり、「保育実習 III 」は保育所以外の児童福祉施設などでの2週間の学外実習である。

このページのトップへ


保育実習指導 II・III

1年次の保育実習指導 I を基盤として、2年次に行われる保育実習指導 II・III の事前事後指導である。1年次実習からの成果と課題を受けて、より質の高い実習をめざし、以下のことを目標としている。
「実習の意義と目的を再確認しつつ、保育について総合的に学ぶ」「実習や既習の教科内容とその関連性を踏まえ、保育実践力を培う」「保育の観察、記録および自己評価等を踏まえた保育の改善について実践や事例を通して学ぶ」「保育士の専門性と職業倫理について理解する」「実習の事後指導を通して、実習の総括と自己評価を行い、保育に対する課題や認識を明確にする」

このページのトップへ


保育・教職実践演習

今日の保育・幼児教育を取り巻く環境と社会状況を冷静に見つめ、「現象」や「流行」のみにとらわれることのない見識、視野の広さを身につけた保育者を目指し、講義、少人数による演習、個別指導など様々な形で、学生ひとりひとりが自らの課題に向き合えるような内容から本演習は構成される。その中でも以下の点を主たる"ねらい"に据え、(1)実務者としての「資質の向上」を常に自己課題とできる「学ぶ」姿勢、(2)矮小でも誇大でもない整理された「保育」の世界を理解し、「保育」の専門家として臨床知の創出に携わることのできる基礎的な力、(3)「人にかかわる」ということへの探究心・学究的な資質等の修得を目的としている。
1)学生ひとりひとりの自覚と「主体的な」思考・取り組みによって展開される。
2)現在、高等・専門教育に必須とされている、読み、書き、考える、プレゼンテーション、情報収集、コミュニケーションなどの基本的スキルの定着を目指す。
3)個人と集団の多様な関係の中で、実習・就職など最終的には「自ら地に足を付けた」実務者として自己選択し、多少なりともその責任を自覚できる社会人への一歩を踏み出す。

このページのトップへ


保育方法論

幼児期の特性を踏まえ、子どもにとってふさわしい環境とは何かを考え、保育方法の工夫と理解を深めていく。
1.子どもの内面および発達理解と保育方法
2.保育の展開、指導、援助、形態などの保育方法
3.子どもの興味、関心、意欲を引き出す環境づくり

このページのトップへ


保育相談

1.保育相談の基本原理・意義について理解する。
2.カウンセリングの理論および技法について理解する。
3.保育者としてカウンセリングを行うさいの基本的姿勢について理解する。
4.保育現場における保育相談の技法およびその活用の仕方について理解する。
5.ロールプレイングを通じて保育相談の技法を修得し、現場での保護者・子ども支援に活かす。

このページのトップへ


保育社会学

保育社会学の対象範囲はきわめて広い。それは、保育・教育という営みが、人間の発達に関与し、社会生活のあり方を規定し、社会の存続・変容を左右する営みだからである。保育・教育現象を社会学的に解明していくためには、「社会化」という概念をキーワードに、子どもの社会化過程にかかわる主要な社会集団としての家族集団、仲間集団、近隣集団、学校集団などがあげられる。さらにこれらの集団を取り巻く社会的な環境としてのマス・コミュニケーション、学歴社会、地域社会、加えて社会化が阻害された、いわば社会化の歪みとしての逸脱行動などがあげられる。
本授業では、日ごろ経験される身近な保育・教育問題を取り上げ、子どもの社会化過程(社会的発達過程)を中心に保育のあり方を考えていく。

このページのトップへ


児童文学

児童文学の対象範囲は広く、幼児から大人まで児童文学の持つ温かさ正義感、人間信頼を求めて、多くの読者を惹きつけている。本講義は、アンデルセンやグリムなどの古典から、現代のファンタジーまでの児童文学を幅広く取り上げる。
また、絵本については、今期は著名な絵本画家の絵本を取りあげ、グループ別に絵本を紹介することで、多くの絵本にふれてほしいと思っている。

このページのトップへ


音楽総合表現

音楽芸術の総合性を養うためには音楽的感受力、思考力、判断力、表現力を必要とします。この教科は音楽に関する基礎知識の確認、応用、保育者として実践に繋げる学習をします。
基本的な発声、リズム感、ソルフェージュ力を身につけ、童謡、日本唱歌、外国の曲など様々な曲を修得し歌うことにより感性、表現力を豊かにします。また、歌あそび、手あそび、伴奏法により自己表現、子どもとの対応力をつけます。
子どもを指導する保育者として豊かな感性と教養を身につけ、それを表現、実践することを目標とします。

このページのトップへ


図画工作

本講義では、幼児との描画、造形活動に必要な知識を学び、幼児一人一人の創造力を支える力を養うことを目的とする。
また、幼児のためのアート環境を保育者としての立場から創造することをテーマに大型制作を行い、作品の展示手法、親子制作指導のポイントを「こどもアートフェスティバル」を介して研究する。

このページのトップへ


保育実践研究

保育者として保育現場で実践する上での、具体的な指導法を総合的に深める。
1.実習内容の工夫および準備、確認、検討、評価
2.指導案の作成を通してグループ別模擬実践、課題確認、検討、評価

このページのトップへ


教育実習

本科目は、実習(幼稚園)と実習指導の2つの柱から構成される。
実習指導では、実習生が実習を充実したものにできるように実習前と実習後にガイダンスを行う。実習前には、幼稚園の機能、保育者の役割、幼児教育という営み、指導計画(指導案)の作成方法など、教育実習において必須となる事項や実習に向けての実習生の心構えなどについての知識を得る。実習後には実習の徹底的な振り返りを行い、幼稚園の機能や保育者の役割、指導法などについて更なる理解を深める。
実習(幼稚園)では、学内で学んだ知識や技術を実践を通じて理解し、体得していくことを目指す。教育実習は、幼稚園教諭としての基礎的な知識を定着し能力を高めていく重要な機会となる。
これらの実習および実習指導は、1、2年次を通じて行う。1年次には附属幼稚園での観察実習とそれにかかわる事前・事後指導を行う。2年次には、学外での実習とそれにかかわる事前・事後指導を行う。両年次の実習と実習指導を修得して、教育実習の単位認定となる。

このページのトップへ


このページのトップへ