短大と専門学校で学ぶダブルスクール制度

光塩学園独自の
「ダブルスクール制度」とは?

本学で学びながら、光塩学園調理製菓専門学校の夜間部に通学できるシステム。専門学校では多様な技術を身につけて、調理師免許または製菓衛生師受験資格取得を目指します。食について多角的に学ぶことができ、幅広い年齢層の同級生と話す機会もあるため、視野が広がり、将来への夢がどんどんふくらみます。

食物栄養科or保育科+光塩調理製菓専門学校調理科(1年6ヶ月制・夜間部)
ダブルスクール制度を利用すると…
  • 2年間で短大と専門学校の免許・資格が取得できます。

  • 専門学校の各種学費、入学検定料などが免除されます。

  • すぐれた調理技術を修得することで、進路の選択肢が増えます。

  • 本学と専門学校でそれぞれ独自のサポート体制をとっています。

  • 実習の日には、本学から専用バスで専門学校へ通うことができます。

光塩学園調理製菓専門学校 夜間部

光塩学園調理製菓専門学校

札幌市中央区大通西14丁目1番地

  • 地下鉄東西線「西11丁目」駅から徒歩約5分、「西18丁目」駅から徒歩約5分
  • 市電「西15丁目」電停から徒歩約3分

食の現場を意識した多彩な施設・設備を整え、実習が豊富な“本物教育”を展開。
各分野の専任講師に加え、世界を知るプロが特別講師として熱く指導します。

就職の幅が広がるダブルスクール制度。

食物栄養科/光塩学園調理製菓専門学校 夜間部 調理科
綱渕 花朱実さん(稚内高校出身)

栄養学と調理技術を両方修得することは自分の強みにもなり、将来働くうえでの自信にもつながると思います。2つの学校とアルバイト、一人暮らしの生活をこなすのは大変なこともありましたが、その分、得るものが多く充実した学校生活を送ることができました。
卒業後は地元の稚内で栄養士として働きながら勉強し、自らプロデュースした料理教室を開くことが目標です。