知ってほしい、光塩学園女子短期大学の魅力学校案内


キャンパスブログ/キャンパスブログ


キャンパスブログ
初めての光塩給食


今週から分散登校による授業がはじまりました。
お昼には、はじめて光塩給食も体験しました。
この光塩給食は開学時より続いており、学園伝統のシンボルでもあります。栄養バランスやカロリーはもちろん、美味しさや見た目も追求した理想的な給食が食べられると学生からも大人気となっています。
また、食育の場でもあり、食物栄養科の学生にとっては、大量調理実習の場としても重要な役割を果たしています。
普段は学生の楽しい声でにぎやかな学生食堂ですが、新型コロナウイルス感染症対策のため、配膳時は距離を保ち、喫食時も飛沫感染防止のため食事中はお話をせずに静かな食事となりました。

20200602_給食_DSC_0027.JPG
20200602_給食_DSC_0032.JPG

6月1日は光塩学園創立記念日でした。
この日のメニューは・・・
・甘納豆入り炊き込みお赤飯
・お吸い物
・サーモンの塩こうじ焼き
・デザート

甘納豆入り炊き込みお赤飯は昨年3月に出版された「懐かしいけど新しい 南部あき子のアイディア料理」にレシピが掲載されていますが、このお赤飯は光塩学園創設者である南部明子先生が考案し、「子どもに喜ばれ、働く女性でも手軽にできるレシピ」として道内各地で紹介して広まりました。