HOME > 食物栄養科 > 授業概要


授業概要

基礎科目

文章表現

レポートや、小論文、面接などさまざまな場面で、文章を書き、言葉を発することが求められる。互いにコミュニケーションを取る上で、自分の考えや思考、伝えるべき事柄を的確に表現することは必要不可欠なことである。
授業では、日本語の構造から、わかりやすく明快な文章を書く技術、ならびに、音声言語の特徴を踏まえ、相手に理解される話し方を学ぶ。また、実践的な練習を通して、基本的な日本語の表現技術、伝える力を身につけて行く。

このページのトップへ


心理学の世界

現代の心理学は人間の心と行動を理解しようとして、西欧で発達し展開されてきた学問分野です。本講義は15回の授業を通して心理学の視点と方法および幾つかの重要な概念について学習する予定です。現代社会に生きる為の自己理解と他者理解の参考になると考えます。

このページのトップへ


生活と法律

現在の日本では、法の支配が確立され、全ての法律の上位規範として最高法規の日本国憲法が制定されている。
すなわち、憲法とは国家権力の濫用を抑制し、国民の権利・自由を守る基本法であるところ、日本国憲法では自由権・平等権等の規定(人権規定)を置いて国民に当然保障されるべき権利・自由を高らかに宣言し、それを脅かす国家権力の濫用が行われないような統治機構の仕組みについて規定している(統治規定)。
本講義では、主に国民に保障されている自由権・平等権等の人権規定について実際に憲法違反を争って裁判となった事例等を挙げて概説し、学生自身がその問題点を考えることで、憲法の理念とその重要性につき理解を深めることを目標とする。
また、毎回の講義の後半では、日常生活で遭遇し得る比較的身近な法律問題(破産、離婚、DV、セクハラ、ストーカー、裁判員制度等)についても解説を行い、生活を送るうえでの基礎的な法律知識の修得を目指す。

このページのトップへ


国際文化

国際文化とは、世界の国々に目を向け、その国の歴史、自然、経済、教育等について学びながら、各国の現在の状況を把握し、それを根底として成り立つ文化を理解することである。
本講義では、ビデオやスライド、外国人講師による授業も含めながら、各国の文化を肌で感じられる講義を通して理解を深める。 なお、これらの国々の現状から文化について講義に入る時、授業展開を紹介する。

このページのトップへ


ボランティア活動

ボランティア活動には、単に他者を助けるといった奉仕的な面だけではなく、自己を向上させる大きな意義がある。
1)自己実現:活動を通して役に立つ存在として認められ、自分の生き方や社会的存在の意味を見いだす。
2)社会的存在の確認:社会生活を営む上で必要なルールを実体験し、社会の一員としての自覚を持つ。
3)主体性と創造性の涵養:自らの意欲と選択によって参加し、主体的に問題を発見し、創造的に取り組む能力を育む。
4)社会問題に対する意識の向上と国際人への成長:社会福祉はもとより、環境問題や国際協力など多岐にわたる活動へ参加することにより、社会の一員としての問題意義を養い、あわせて国際的な視野を育む。
ボランティア活動の意義を理解した上で、担当教員から助言を受けつつ、自主的に活動する。

このページのトップへ


食科学の基礎

授業を数学分野と化学分野に分け、数学分野では栄養士として必要とされる数学の基本的知識を理解するとともに、数学的な表現、処理方法を学修し、物事を数理的に考察する力を修得する。
化学分野では高等学校までに学修した化学の内容を復習しさらに関連する専門科目を理解する上で基礎となる知識、併せて化学的な物事の捉え方と問題解決に必要な考え方を身につける。

このページのトップへ


食科学の応用

栄養士として社会に貢献する為、資質の向上と幅広く深い知識を身につけることを目標に、これまで学んできた科目の重要部分の復習、および栄養士実力認定試験に向けて要点のまとめや試験対策を行う。確認テストを含め繰り返し学習することで、栄養士としての総合的な理解力を身につける。

このページのトップへ


情報処理

本講座では、文書作成および表作成の基本技能から応用方法までを理解し、学生生活において実験や実習課題、レポート作成にパソコンを活かせるようにする事と、社会に出てからも活用出来る実践力を身につける事を目指す。

このページのトップへ


芸術鑑賞・教養講座 I

1年生を対象に開催される。平常授業の時間割には組み込まれない。
学外での芸術鑑賞や本学キャンパスで行われる特別講義、講演などである。
これらを通して、豊かな教養を身につけていくことを目的としている。

このページのトップへ


芸術鑑賞・教養講座 II

2年生を対象に開催される。平常授業の時間割には組み込まれない。
学外での芸術鑑賞や本学キャンパスで行われる特別講義、講演などである。
これらを通して、豊かな教養を身につけていくことを目的としている。

このページのトップへ


英語 I

・Simple conversation and communication skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment using everyday practical situations. Grading will based on participation, attendance, and examination.
・All four language skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment resembling, as close as realistically possible, an English speaking environment. Brief introduction of grammar structures and vocabulary will be immediately followed by their practical application, taking form of guided and prepared conversations. English I will also include cultural content drawn from countries where English is an official language. Grading will be based on participation, attendance and examination.
・様々な状況における基本的な英会話表現と文法、語彙の紹介。

このページのトップへ


フランス語 I

フランス語で日常生活の中でコミュニケーションを取るための基本を学びましょう。

このページのトップへ


英語 II

Simple conversation and communication skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment using everyday practical situations. Grading will be based on participation, attendance, group presentation, and examination.

このページのトップへ


フランス語 II

フランス語で日常生活の中でコミュニケーションを取るための基本を学びましょう。

このページのトップへ


英語 III

Simple conversation and communication skills (speaking, listening, reading and writing) will be developed in a group environment using everyday practical situations. Grading will be based on participation, attendance, group presentation, and examination.

このページのトップへ


体育理論

心身共に健康であるための基本的な知識の理解を深めるとともに、自らの健康も管理できるようになることを目的とする。健康志向ブームでいろいろな情報が氾濫している昨今、飲酒・喫煙・ダイエットなど身近なテーマをもとに生理学的理解を深め、正しい知識をもって見極められるように学修する。

このページのトップへ


体育実技

心身共に健康であるためには、運動やスポーツを主体的に行うことが必要不可欠の要件であることから各種の運動種目を通じて、自らが体を動かす楽しさを味わい、生涯に渡って運動の習慣を身につけることを目的とする。
また自己の体力を向上させることに効果的なトレーニングやストレッチなどをウォーミングアップに取り入れ、バドミントンやバレーボールなどの球技種目ではペアやチームを作り、ゲーム形式で実践する。

このページのトップへ


キャリア教育

本演習では、社会人に必要な基礎力や社会人におけるマナーを身につけ、社会人としての資質を磨くことを目的とする。また「職業キャリア」にとどまらず、個人の環境や状況、人生の節目や転機に応じて柔軟に、他者・社会との関わりのなかで、自分の人生を主体的に創造していける力を身につけ、キャリア教育本来の目標でもある「人間力」や「生きる力」の育成をめざす。

このページのトップへ


専門科目

公衆衛生学

「人生80年時代」といわれるように、本格的な高齢化社会が到来した。
国民の健康状態は、死亡率の減少、平均寿命の伸長、青少年の体位の向上など、著しく改善されてきたにもかかわらず、ここ数年、心臓病、糖尿病、高血圧症など慢性疾患が急速に増加し、問題となっている。
講義では、公衆衛生の見地から、国民の食生活の向上ならびに国民健康の保持増進に寄与するための基礎を築くことを目的としている。

このページのトップへ


社会福祉概論

少子化、超高齢化社会というわが国の現状にあって、社会福祉に対する国民の需要は増加し、近年の法制度の変革とともに対応する福祉サービスは複雑・多様化する傾向にある。この授業では社会福祉とは何か、その内容を概観しながら意義や具体的なしくみがどのように人々の生活に関係しているのかを理解する。

このページのトップへ


解剖学

食物と栄養は、ヒトの生命や体と極めて密接な関係にあることから、食物と栄養を学ぶ者は必然的に人体についても学ばなければならない。
解剖学は医学、生物学の中で最も基礎的な学問で、「人体とは何か」を知るために、人体の構造、しくみについて学ぶ学問である。
本科目では、医学解剖学で学ぶ膨大な内容の中から、食物と栄養を専門とする栄養士が知っておく必要があると思われる基本的な内容について講義を行う。人体はその構造の最少単位である細胞から組織→器官(臓器)→器官系→個体という関係で成り立っている。食物、栄養と人体を構成するそれぞれの単位との関連性を視野に入れた解剖学を学習する。

このページのトップへ


生理学

生理学では、人体で営まれるさまざまな生命現象において、人体を構成している細胞、組織および器官(臓器)が、それぞれどのような役割と機能(働き)を持っているかについて学び、生命現象を理解することを目標とする。
生理学は、細胞、組織および器官の形態と構造を学ぶ解剖学とは、ちょうど車の両輪のように密接な関係にあるので、常に解剖学と関連させることで、理解を高めることができる。本科目では、そのような観点に沿って授業を進める。

このページのトップへ


解剖生理学実習

解剖学、生理学で学ぶことは、観察や実験に基づいて得られたものである。そのため、観察と実験を基本とする実習を行うことによって初めて教科書や講義内容が良く理解できることになる。実習によって教科書だけでは学べない内容を知り、確かめることができる。実習を行う意義を理解し、実習を通して事実の観察と確認を行い、正常な人体の構造と生理的機能について理解を深めることが大切である。本実習では、映像(VTR、DVD、パワーポイントなど)教材も併用する。

このページのトップへ


生化学

生化学は生命科学分野の基本的な学問です。生き物の身体の構造、構成している物質の種類やその機能を化学的に理解していく。特に、この講義では、栄養学の分野で必要な点を重視し、栄養素の代謝と疾病との関わりを学ぶ。さらに、近年めざましく発展している分子生物学・免疫学の基礎的知識を学び、分子レベルで生命現象を見つめ、そのすばらしさを実感していただきたい。

このページのトップへ


生化学実験

生化学は生体の構成物質と代謝のしくみ、ならびに生体における役割について、化学的に理解することを目的としている。生化学実験ではそれらの事象について、実験を通してさらに理解を深めるとともに、理論と専門的技術を修得する。概要としては、生体試料の基本的な取り扱い方および分析方法、生体物質の定性および定量分析、酵素活性の測定方法について学修する。

このページのトップへ


病理学

本科目では、「病気とは何か」について学びますが、その中で、病気の原因や病気で生じる細胞・組織・器官(臓器)の形態的・機能的変化とそれらの変化の成り立ちを学習する。そのために、すべての病気に共通する基本的事項(病理学総論)と人体を構成している各器官の病気(病理学各論)に分けて授業を行うが、総論と各論を有機的に関連させた講義の進め方をする。
本科目を学ぶことによって、病気を正しく認識するとともに、食物・栄養と病気との関係や食物・栄養が病気の予防・治療にはたす役割などを理解し、栄養士が知っておきたい病理学の習熟を目指す。

このページのトップへ


食品学総論

食品は、生命を維持するのに必要な栄養成分、おいしさに関わる嗜好成分(色、味、香り)、そして病気や老化の予防などの生体調節に関わる成分から成り立っている。
食品学総論では、食品とは何か、食品と人間の関わりについて、さらに具体的な食品成分の化学的性質や働き、所在などについて教授し、食品に関わる基礎知識の修得を目的とする。
また、食品学は調理学、栄養学、衛生学、生化学のような教科とも深い関わりがあることを踏まえて、体系的な専門知識・能力を身に付けることができるように授業を展開する。

このページのトップへ


食品学各論

我々の周りには、実に多種多様な食品があり、我々はそれらを利用して、生命の維持はもとより、豊かな生活を営み、多彩な文化を築いている。
食品学各論では、数多い食品を生物起源によって分類して、それぞれに分類される主な食品の種類や特性、調理・加工・貯蔵適性およびそれらの具体的方法、成分変化などについて教授し、食品を扱う専門職に求められる知識の修得を目的とする。

このページのトップへ


食品衛生学

食品衛生学は、すべての飲食物を介して健康障害、すなわち疾病や危害を防ぎ、人の生命と健康を守るために必要なことを取り扱う学問で、化学、物理、微生物学などの自然科学はもとより、公衆衛生学、環境衛生学などの関連の衛生学、さらに経済、行政との関係も深く、生活に密着した応用の科学である。
豊かな食生活の中にあって、病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌などによる食中毒、内分泌撹乱物質(いわゆる環境ホルモン)による食品の汚染、鳥インフルエンザの発生、寄生虫の増加、世界中から輸入される多彩な食品の残留農薬、食品添加物の問題等々、食品の安全性が改めて厳しく問われている。
これら多くの実例を学び、栄養士・管理栄養士として、給食施設等の現場における食品衛生に関する基礎的知識の習得を目的とする。

このページのトップへ


食品衛生学実験

食品の価値を低下させる要因は多くあり、外見あるいは栄養面にも劣化をもたらし、人に害を与える場合もある。現在、多様な加工食品が造られ、市販されており、有益性、健全性、安全性を評価することが不可欠である。
食品衛生学実験では、種々の食品を取り上げ、素材とその特徴、特殊成分の含量、加工方法の原理、加工操作時の留意点、危害発生の原因、安全対策、検査方法などについて実験を通して検討する。

このページのトップへ


食品学実験 I

毎日摂取する食品や加工食品には様々な化学物質が使われながら、視覚、嗅覚、味覚では把握できないことも多く、そこで「食を科学する視点」がますます重要になってくる。
実験 I では、栄養学、生化学、食品学、食品衛生学などの知識を基にして、基礎的な実験や応用実験を通して、専門職としての栄養士や栄養教諭、フードスペシャリストに求められる食品の栄養価や成分に関する知識、技術を化学的、実証的に修得することを目的としている。
実験は、「危険!」、「大変!」のイメージを彷彿させるようであるが、実験に必要な心得、知識、操作法を身につければ全く心配はない。
基本的な心得、知識の修得、操作法の習熟に十分な時間をとり、さらに、身近な食品を実験材料に用いて興味を喚起しつつ、充実感、達成感が得られるような授業を展開する。

このページのトップへ


食品学実験 II

食品学実験 I を基礎として、食品に関する専門的な実験を行う。
五訂増補日本食品標準成分表には、1,878食品の標準成分値が収載されている。成分表は学校、病院、食品関連企業などの給食管理、栄養指導などに利用されており、栄養士や栄養教諭にとって成分表からの情報は無くてははらない存在である。また近年、食品検査にも遺伝子分析技術が応用されるようになり、種の同定や、遺伝子組換え作物の混入の調査等広く用いられている。
食品学実験 II では、食品の一般成分(水分、灰分、タンパク質、脂質)や、ビタミンなどの分析を行い、成分表の各種成分の数値がどのような手法で分析されるのかを学ぶ。また、基本的な分子生物学的手法と理論を学ぶことで、食品と栄養素に関する科学的な捉え方や食品分析についての幅広い知見や技術を習得する。

このページのトップへ


栄養学総論

栄養学とは食とそれを摂取する人間の健康の維持、増進、疾病予防について研究する学問である。
我々の日常生活は健康によって支えられており、その健康を維持し、疾病を予防するためには各種の栄養素をバランス良く、過不足なく摂取することが必要である。
わが国の食生活は食糧不足の時代から飽食の時代へと移り、国民の栄養素摂取状況も大きく変化した。また、急速な高齢化社会へ移行する中で糖尿病や肥満、高血圧、脳卒中などの生活習慣病あるいはメタボリック症候群などに代表される代謝性疾患が増加してきている。対策としては国民の食生活の改善が最も重要である。
この授業では5大栄養素について、その種類、構造と機能、生理的な役割などを把握し、さらに消化、吸収など体内移動、物質代謝、エネルギー代謝などについて、基礎的な概念、知識を身につける。

このページのトップへ


栄養学各論

人間は食物として栄養素を摂取し、成長や運動など様々な生命活動を営んでいる。
日々の生活を健康に営む上で栄養素の摂取は不可欠であるが、その過不足やアンバランスは様々な疾病の誘因になっている。父親の単身赴任、母親の社会進出など生活環境の変化に伴って個食や孤食、朝食抜き、飽食、極端なダイエットなど誤った食生活が多くなり、子ども達の健全な心身の発達に黄信号をもたらしている。
人間のライフステージには新生児期、学童期、成人期、高齢期あるいは妊娠期、授乳期など様々なステージがあり、代謝や生理作用に大きな違いがあるものの、それぞれ独立したものではなく一つの過程である。また、仕事やスポーツ、ストレス、疾病など、現代社会を取り巻く環境と栄養の関わりについても配慮が必要である。
この授業では、栄養学総論で学んだ基礎知識を基に、各ライフステージに対応した栄養学を修得する。

このページのトップへ


栄養学実習

私たちが毎日の生活を健康に営むうえで栄養素の摂取は不可欠である。ヒトの一生にかかわる栄養素の過不足やアンバランスが、いろいろな疾病を引き起こす誘因ともなっている。栄養学実習ではそれぞれのライフステージに適した栄養摂取と、好ましい食習慣を総合的に捉え、対象者の健康保持、増進、疾病の予防をめざすための基本的な知識と実践力を養う。

このページのトップへ


小児・福祉調理実習

食欲は人間の本能的な欲求行為であり、人間が生きていくために必要なものである。
小児期は形成的な発育とともに、機能的な発育が見られ、人間形成の基礎確立の時期である。また、基本的生活習慣の自立を目指す時でもあり、この時期における栄養の適否、さらに、その成長を支援する知識や技術も重要となる。
また、高齢者やハンディキャップを持つ人々にとっても、食生活はその生命や快適な生活を維持する上で、最も基本的なものである。しかし、人にとって食は、単に空腹を満たし生命を維持するためだけのものではなく、人間としての基本的食習慣形成の場であると同時に、楽しみや満足感を与えるものであり、介護を必要とする高齢者にとっても同様である。
小児・福祉調理実習では、小児の各発育期に応じた食生活と食物摂取のあり方や小児が衛生的で健全な食習慣を身につけることの大切さなどについて、併せて、高齢者や障がい者に対する食のあり方や食事介助などについて、具体的な実習を通して理解を深める。

このページのトップへ


臨床栄養学

日常の栄養素摂取の過剰、偏重、欠乏など食生活の乱れにより生じた疾患や代謝異常などについて、症例別に、生理的に健康な状態と比較しながら、その病態、合併症の予防や疾患の治療法を栄養学の面から明らかにする。さらに、食事療法の意義や方法、効果について修得し、栄養士として治療の組み立て方や食事指導をする際に必要となる臨床栄養学の応用力を養成する。
治療食の基本方針、食事基準・食品構成、食生活指導・栄養指導、面接指導における心理的要因などについても時間栄養学の新しい成果を取り入れた実際的な学習をする。

このページのトップへ


臨床栄養学実習

臨床栄養学の知識を基に、疾病の予防や治療の一環である食事療法について、その特徴や必要性を栄養成分別・病態別に理解し、献立作成と実習を行う。
さらに学生献立の実習、検討、試食を行い、栄養士として必要な臨床調理の基礎を学ぶ。

このページのトップへ


健康管理概論

1.健康の概念、健康増進や疾病予防の考え方やその取り組みについて理解する。
2.社会や環境と健康との関係を理解するとともに、社会や環境の変化が健康に与える影響を理解する。
3.保健・医療・福祉・介護システムの概要について理解する。

このページのトップへ


栄養指導論 I

わが国の栄養改善の歴史と栄養士の役割や活動分野の把握、現代社会における栄養指導の重要性を学ぶ。
栄養指導において必要な基礎的知識を中心に、現状に即した情報を知り、疾病の第一次予防、健康増進の実践に必要な理論を学ぶ。

このページのトップへ


栄養指導論 II

栄養指導論 I で得た基礎知識を基にして、科学的根拠に基づいた栄養教育プログラムの作成・実践・評価などの総合的なマネジメントを学ぶ。
個人指導や集団指導の特徴を理解し技術などについての学習をする。
ライフステージ別の栄養指導に求められる基礎知識の構築、実践につなげる要点を学ぶ。

このページのトップへ


栄養指導実習

栄養指導論 II で得た知識を活用するため、実習により栄養指導の基本を学ぶ。
食生活・栄養の調査、情報収集の方法を知り、資料や媒体の作成を経験することで、栄養指導の計画から実践への内容理解を目標とする。
ライフステージ別の栄養教育教材を作成実習することで基本的な問題の発見、指導計画、指導の実践に理解を深める。

このページのトップへ


公衆栄養学

我が国は現在、超高齢少子化社会の到来とともに保健・医療・福祉を取り巻く環境は生活習慣病の増加、寝たきり高齢者の増加、さらには医療費の増大など様々な課題が山積している。
これらに対応した政策として、21世紀の国民健康づくり運動である「健康日本21」が展開されている。また、2008年度より医療制度改革の一環の中で生活習慣病対策としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の概念が導入され、健診・保健指導が医療保険者に義務づけられるなど、予防に重点をおいた対策が一層強化された。
これらの対策に「栄養・食生活」指導の意義は極めて大きく、それを担う栄養士、管理栄養士の役割は益々重要になっている。
公衆栄養学は地域住民の健康づくりに貢献するために"地域や職域等における保健・医療・福祉・介護システムの栄養関連サービスに関するプログラムの作成・実施・評価を総合的にマネジメントする能力"を養うことを目的とした学問である。

このページのトップへ


調理学

調理を体系的に理解させることを目的とする。
調理は、食品材料の特性を生かし、それぞれに適した処理を行って栄養・衛生・嗜好から好ましい食べ物にすることである。食品の調理による現象を科学的に究明し、調理技術の向上のための調理理論を把握し、さらに調理の文化的地理的背景と特徴を知り、豊かな食生活の実践に役立つ知識を修得する。

このページのトップへ


調理学実習 I

調理操作の基本的技術と基礎知識を実習を通して修得させることを目的とする。
健康を維持し、豊かな食生活に欠くことのできない調理を科学的な視点からとらえ、その実態を理解するとともに、食材の選択、扱い方、調味、盛り付けについても学習する。

このページのトップへ


調理学実習 II

調理学実習 I で修得した調理操作の基本的技術をさらに高め、日本料理、西洋料理、中国料理に合わせ、季節の行事食の知識と技術についても修得させる。
食材の特性や栄養を生かした調理法を学び、効率よく調理するための手順を考え、調理器具の正しい使用法等、基本的な調理操作の習熟をはかり、栄養学実習や臨床栄養学実習、学外施設での集団給食実務にふさわしい技術と実践力を身につける。

このページのトップへ


給食経営論

さまざまな食生活の課題に対応できる集団給食を実施するために必要な知識を学ぶ。
目標として、集団給食の意義を知り、食の実践的教育を行う専門家としての役割を果たすこと、すなわち、特定多数人(集団給食)に対してばかりではなく、不特定多数の人々の健康の維持・増進、疾病予防、治療、改善など多様な領域にも対応できる知識、技能を身につける。また、一般的な給食運営の理念と業務内容およびシステムを理解する。

このページのトップへ


給食実務論

給食の運営にかかわる、栄養管理、衛生管理、作業管理などについて、基本的知識を学び、給食業務を行うために必要な実務を修得する。

このページのトップへ


給食実習指導

集団給食はそれぞれの給食施設において、その設置目的、内容、運営形態と対象者の実情に沿って計画的、継続的に提供するものであり、学内での給食実習 I および II を修得したうえで、小学校、自衛隊、福祉施設での給食実習 III および病院や福祉施設における給食実習 IV に進むための事前、事後指導として実施する。

このページのトップへ


給食実習 I

集団給食はそれぞれの給食施設において、その設置目的と対象者の実情に沿って計画的、継続的に提供する食事である。
給食実習 I では、給食実習室を使用して、給食の手順、方法など給食管理の全般にわたり、学生自らが自主的に計画を立て、分担の作業を果たしながら協力と責任の重要性を体験しつつ、大量調理に必要な知識、技術を体系的に学習する。

このページのトップへ


給食実習 II

給食実習 I を修めた者が、学内の集団給食施設の現場において、今まで学んできた知識を活かし、給食管理業務に必要な食事計画・調理を含めた給食サービスに関する技術を修得することで、実践力を培い、栄養士としての主体的な自覚を持つ。
また、学外実習に進む為の、基礎実習としてたいへん重要である。

このページのトップへ


給食実習 III

給食実習 III は、給食実習 I ・ II を修めた者が、小学校・福祉施設・自衛隊における給食実務の概要、理論、実態を実践活動の場における体験を通して把握する。課題発見、問題解決への取り組みなどから、専門的知識および技術の統合を図り、栄養士の専門領域で活躍できる幅広い応用力、実践力を身につける。
小学校実習では、学校給食の目標や意義を理解し、年齢に応じた食事摂取基準、献立作成、調理、盛り付けなど給食業務全体を実体験する。また、教職員や児童との交流を通して学校教育の場における食教育のあり方を学習する。
福祉施設実習では、社会福祉施設の種類と特性を理解した上で、利用者の心身の状況や栄養状態、病状などを考慮した栄養管理の方法・実施・評価などを実体験する。また、施設給食の特質を把握し、他の職種との連携のとり方などを学習する。
自衛隊実習では、自衛隊給食の意義をふまえ青年期栄養の特性、身体活動レベル、職種(業務の体力消耗の軽重)に対応した栄養管理、緊急災害時における給食など、自衛隊給食の特色について学習する。

このページのトップへ


給食実習 IV

給食実習 IV は、給食実習 III を修め、さらに栄養士としての専門的知識および技術の修得を希望する者が病院、福祉施設のいずれかで学習する。
病院実習では、医療スタッフの一員として患者への対応を体験し、傷病者を対象とした栄養指導の必要性、医療現場の実際を把握するとともに、栄養部門の業務全般について献立の立案から配膳に至る一連の作業、外来・入院患者を対象とした栄養食事指導などを体験を通して学ぶ。
福祉施設実習では、(社会福祉施設の種類と特性を理解した上で、)利用者の栄養管理、心身の状況、病状などを考慮した栄養ケアプランの作成方法・実施・評価などの対応方法を実体験する。また、施設給食の特質を把握し、食事サービスのマネジメント、他の職種との連携の重要性などを学習する。

このページのトップへ


学校栄養指導

栄養教諭は、学校において給食管理、給食指導を担当し、さらに、食育など食に関する指導を通して児童生徒の健全な育成に貢献する教育に関する資質と栄養に関する専門性を併せ持つ教員である。
正しい食事のとり方や望ましい食習慣の形成と定着を図り、豊かな人間性の形成、心身の健全な育成、望ましい家族関係の保全を目的として、児童生徒の発達段階に応じた食育と食の情報を提供する役割を有している。
また、学級担任や養護教諭など関連する他の教師と連携をとりつつ、健康に不安を抱える児童生徒に個別相談の形で支援することも必要である。
不適切な食物アレルギー対策は直接生死に絡み、肥満、思春期の拒食症などを抱える児童生徒もおり、いずれも生活習慣病につながる可能性もあり、疾病を含めて食育に関する様々な知識、技術を身に付けることが必要である。

このページのトップへ


教職概論

これからの学校教育においては、教員の果たすべき役割が重要かつ多様になってきており、高い資質を持った教員の育成が求められている。
本講では、「教職とは」、「教員の仕事とは」をテーマに教職に関しての理解を深めるとともに、教員に求められる資質・能力を身につけていくことを目的とする。
そこで、教職の意義、教員の役割、職務内容等について、実際の学校現場を想定しながの講義を通し、教職の魅力や面白さを感じ取ってもらいたい。

このページのトップへ


教育原理

1.教育の基本原理および意義について理解する。
2.人間社会において、教育がなぜ必要とされるのかを理解する。
3.人間の発達・成長における教育の重要性を理解する。
4.教育目的・場面に応じた多様な教育方法が存在することを理解し、実践に生かせるようにする。
5.教育の歴史的変遷を知り、教育が社会的状況とのかかわりのなかで、絶えず変容するものであることを理解する。

このページのトップへ


教育心理学

1.より効果的な教育・保育を展開するために教育心理学の基本的事項について理解する
2.生涯発達的観点により、子ども一人ひとりの発達に応じた教育的対応について理解する
3.子育て支援の一環としての教育・保育における教育的要素に関する相談に対応できる力を養成する

このページのトップへ


教育課程論・道徳教育

今日、学校教育は様々な問題に直面しているが、それらを直視し未来への展望に立って、教育の質の向上をめざさなければならない。それには、「生きる力」をキーワードとした教育課程の編成が求められている。この授業では、教育課程編成の意義と領域ごとの目標および内容を概観する。また、教育課程の編成を手順に沿って模擬的に行うことを通して、教育課程を実感的に理解し、現場の実践に役立つようにする。
現在、子どもを取り巻く様々な問題が指摘されている。特に、いじめや不登校など、子どもの心の問題が大きな社会問題になっていて、心の教育の重要性が叫ばれている。この授業では、次世代の子どもたちの心を育てるために、学校ですべきことや家庭や地域社会の役割も合わせて考える。

このページのトップへ


メディア教育論

本講座では、教育職員を目指す学生が、教育活動をおこなっていくうえで効果的な教育方法と教材づくりについて理解を深める。
また、学校での授業運営、評価などに必要となる情報処理の基礎、およびその活用と影響について考察する。

このページのトップへ


生徒指導論・教育相談

生徒指導とは、「一人一人の個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や能力を育成し、さらに将来において社会的に自己実現ができるような資質・態度を形成していくための指導・助言であり、個々の生徒の自己指導能力の育成をめざすもの(文部科学省)」であるといわれている。ここでは、児童生徒の成長を阻害する要因を探り、関係機関と連携しながら問題解決へ向かう方策を学んでいく。
近年、児童生徒の意識や行動は大きく変化し、学校では、日々新たな課題や問題が発生しているといって過言ではない。一人一人の児童生徒の変化を鋭く感知し、児童生徒との共感的人間関係を築きながら、児童生徒に自己受容、自己理解を促していくことが肝要である。また、課題や問題の発生を待つのではなく、その予兆を的確に察知し、未然に発生を防ぐ努力も大切である。
ここでは、様々な事例に学びながら、その感性を磨いていく。

このページのトップへ


教職実践演習

本科目は、教職の意義や栄養教諭の役割を理解すると共に、子どもの成長や健康、安全を第一に考え、発達段階や心身の状況に応じて適切な指導をできるよう、自らの体験を通して理解し、把握することを目的としている。さらに、未来に生きる子ども達を心身ともに健全に育てるためには何が必要かを主体に、栄養教諭に求められる資質を習得する。
栄養教育実習の意義・目的の把握、指導計画、指導案、模擬授業などの作成と実施計画、その実施と反省、また、教職の意義、教師の役割と職務内容、栄養教諭の役割と家庭、地域との連携、さらに、偏った栄養摂取や欠食など食生活の乱れに対する食育のあり方などをテーマとして、グループ別に調査や実地見学、ディスカッション、発表などを通して問題解決への技法を身に付ける。

このページのトップへ


栄養教育実習

栄養教諭は、教育に関する資質と栄養に関する専門性を併せ持ち、次代の担い手である児童生徒に対し、望ましい食習慣を身に付けるために必要とされる専門領域の指導を行う教員である。
本講は、栄養教育の基礎的な知識と応用力を身に付けた上で、校外実習(小学校での実習)1単位と事前・事後指導1単位で構成される。
事前指導として、栄養教諭としての使命、職務内容を把握させた上で、「栄養教育実習」の意義、目的、心構えを自覚させ、指導案の作成方法、研究授業の進め方、評価の方法、実習ノートや報告書の作成方法などについて演習形式で総合的に修得させる。校外実習では、学内で学んだ知識や技術を実践活動の場を通して向上を図ることを目指す。事後指導として、実習反省会を通し問題点を整理・今後の課題を明確化させる。

このページのトップへ


調理科学演習

フードスペシャリストは豊かな食生活、食文化の推進を担う新しい食の専門職の資格である。
食品は人類の誕生以来、その生命活動を維持するために取捨選択された経験的産物であり、その調理方法には食材に応じて様々な工夫がなされている。
安全性に配慮し、おいしく、バラエティに富んだ食生活は人生に大きな喜びをもたらし、食事を共にする行為は人間同士の絆を深め、心を通わせる手段として人間社会で重要な役割を果たしている。また、食材に適応した調理はその特性を最大限に引き出し、嗜好を満足させ、健康の維持・増進にもつながる。
このように、科学技術の発展に伴い、食生活の合理化、多様化が進み、高級化志向など、わが国では食文化華やかなりし現代を迎えている。
この演習は、食品の本質、加工や保存の実態、成分の劣化と原因、調理時に生じる現象、食生活に危険をもたらす因子などを理論的、科学的に把握することを目的としている。

このページのトップへ


フードコーディネート論

「フードコーディネート論」は、フードスペシャリスト養成課程の必修科目である。現在、多くの生活情報が氾濫しているなかで、食生活においては、消費者の安全志向、健康志向、簡便性志向、食の質的向上志向が高まり、おいしく調理できる食物、快適な食卓の整え方など、食生活情報の提供と情報の正しい選択が強く求められている。
このような現状を背景として、本論では、食の分野の専門職を目指し、食に関する基本的知識を修得し、メニュープランニングやサービスマナーなどを含め、食全体にわたる実践的知識を身につける。

このページのトップへ



このページのトップへ