HOME > キャンパスライフ > キャンパスブログ > 平成26年度第1回リカレント教育が行われました。


キャンパスブログ


2014/09/29

お知らせ

平成26年度第1回リカレント教育が行われました。

平成26年9月23日(火)、平成26年度第1回リカレント教育が食物栄養科、保育科両科それぞれで行われました。

食物栄養科では、本学講師の田中ゆかり先生による「環境・省エネに配慮したエコクッキング」と題しての研修で、職場や家庭、災害時にも応用できるエコクッキングについてデモンストレーションと調理実習が行われました。デモンストレーションでは、エコクッキングの考えを取り入れた「ドライカレー」「らっきょうのサラダ」「人参ゼリー」、調理実習ではその中から2点を実習しました。

参加者からは、パックのご飯より、乾物やインスタントのものはかさ張らず多くの人数分を保管できることや災害時で包丁やまな板・熱源が使えない時の対処方法など、いざという時のために大変勉強になりました。実習で調理した、らっきょうのサラダやにんじんゼリーは、保存が効くもので簡単に作れ、味も美味しく、中でもにんじんゼリーは人参嫌いの子どもにも美味しく食べられそうなので職場でも実践してみたい。などたくさんのお声をいただきました。

保育科では、本学准教授の鎌倉亮太先生による「保育の実践力を高める音楽あそび」をテーマに、講堂にて実技を中心とした研修が行われました。「あくしゅでこんにちは」の曲に合わせて身体動かすことから始まり、ドレミの音階をハンドサインで表現しながら歌ったり、リズムパターンを使っての実技は、ゲーム感覚で楽しむことができ、上手くできても出来なくでも参加者同士和気あいあいと交流を楽しみながらの展開となりました。「聴いた音を絵にしてみよう」では、鎌倉先生のピアノ演奏にじっと耳を傾け会場はしっとりした雰囲気に包まれました。「創作ダンス」の振付け発表では、さすがは現役保育者、ユニークな振り付けやポーズが登場し最後まで笑いの絶えない90分でした。

リカレント教育終了後は、懐かしい光塩給食を全員でいただきながら、活発な情報交換が行われ有意義な研修会となりました。

食物栄養科リカレント教育写真.JPG 保育科リカレント教育写真.JPG

DSCF4689.JPG


このページのトップへ